料金

◆貸切バスおよび貨物運送の運賃・料金制度について
・貸切バス
平成26年4月より、貸切バスのビジネス環境の適正化・改善を図るため、新たな運賃・料金制度へ移行しました。新たな運賃・料金制度は、利用者の安全に関わる費用(安全コスト)が適切に反映されているものです。貸切バス事業者が上限・下限額の範囲外で運賃・料金を収受することは法令違反となります。
      
平成26年4月からの公示金額(関東運輸局管内)

・貨物運送
取引条件の適正化の必要性の高まりを受け、標準貨物自動車運送約款等が改正され、平成29年11月4日より運賃・料金の収受ルールが変更となりました。

⓵「運賃」と「料金」の区別の明確化

⓶「待機時間料」の新たな規定
荷主都合による荷待ち時間の対価を「待機時間料」とします。

⓷付帯業務の内容の明確化
付帯業務の内容に「棚入れ」「ラベル貼り」等を追加します。

当協会では、自動車運送業者の運賃・料金制度について広く理解していただくため、上記についてまとめたパンフレットを作成し、会員事業者や関連機関へ配布しています。